ムスリムフレンドリー対応

ムスリム旅行客に「安心な食材の情報」を提供する

 弊社では、『ムスリムフレンドリー』として対応可能な農産物(米)の厳密な管理を行っています。
 『施設、機械、圃場、資材、作業』等の厳密な管理により、平成12年より栽培履歴の情報公開(トレサビリティ)をスタートし、平成14年に有機JAS認定取得、平成23年にEUレギュレーション取得、平成26年にはUSDAオーガニック認証を取得しました。
 2020年(東京オリンピック開催年)、イスラム人口が世界人口の4分の1を占める20億人に達するだろうと言われています。
 近年、『和食』や『平泉』などの日本文化が世界遺産に登録され、更には美しい自然や雪景色、温泉地等にムスリムが観光に訪れる機会も増えていくと見込まれます。弊社の管理体制・トレサビリティがムスリムの(自分たちで飲食可能かどうか)判断する情報に十分値するのではないかと考えます。


有限会社ピース
代表取締役 家子秀都

マスコミ掲載

岩手日日掲載 岩手日報掲載

生産履歴 トレーサビリティー

トレーサビリティーとは

放射性物質検査について

トレーサビリティーとは

岩手県にて今年収穫した県産米の放射物質検査が行われ、地区ごとに9月初めから順次公表されました。
つぶより農場の地区(稲瀬村2-1)は9/13付で検査結果が公表され、昨年同様「不検出」、自主検査でも「不検出」でした。今年もお客様に安心して美味しいお米を味わって頂けます。
これまで2年とも不検出でしたので、心配はないと思っておりましたが、不検出報告を聞くと、やはりホッとします。
これからもつぶより農場は「優しさ・確かさ・美味しさ」にこだわってお米を作り続けます。
今後とも変わらぬご愛顧を頂きますよう、宜しくお願いいたします。

岩手県の25年産米放射物質検査 自主検査

放射性物資検査結果書

岩手県医薬品・衛生検査センターにて、Nal(TI)シンチレーションスペクトロメーター機械分析法の検査を行って頂きました。検出限界値まで不検出でした。

岩手県の27年産米放射物質検査

検査結果は下記URLより閲覧できます。

「平成27年産米の放射性物質検査結果」

・検査結果該当 採取日9/10 奥州市 不検出 


平成27年産米の放射性物質検査の結果について(第3報)

引用元:岩手県ホームページより



ページトップへ戻る